低分子 キトサン 粉末 未来を変える 自然界からの贈り物

多くの人にかかわり、一番痛切に感じることはなにか?
それは健康でいられること、平凡で笑顔でいられること
これ以上の幸福があるだろうか

昔し 昔の日本人は食習慣のなかに自然にキトサンを取り込むことができて
いました。

現代はそれがなかなか自然・・ということは不可能になっています。

おびただしい加工食品 コンビニ ファーストフード どれも簡単 手軽に
飲食できる食品生活が実は あなたの体の免疫をボロボロにしているとしたら

若年性の成人病が増えてきているのも、欧米型食習慣 とくに肉食は、
血液をどろどろにし、病気の温床に確実になります。

ただでさえ現代の日本は病人が増えてきて医療費の問題がでてきており
さらに未来はと思えば、 恐ろしくなります

ですから、日常生活に低分子キトサンを飲用することで

未病対策からはじめませんか!

知れば知るほど低分子キトサンに注目せずにはいられなくなります。
低分子(水溶性)キトサンがますます活躍する時代となりました。 健康を維持し人生を生き抜くことがどれだけ難関!癌のリスクを 乗り越える メルマガ登録''

登録 解除
*メールアドレス
お名前(姓・名)

水溶性のキトサンの場合どれくらいの摂取量をとったらいいのかという質問

をよく相談いただきます、どれぐらいの量を摂取すると体に吸収されて効果が現れてくるのでしょうか?
通常ですと暴飲暴食をしてないこと前提条件でだいたい一日2g(2000mg)の
摂取量で効果があらわれます。

一日2gでキトサンの基本物質であるグルコサミンの分子が血液中にあらわれるということですね。
ただグルコサミンなどはほかの形でも体内には蓄積されているので測定的には難しい面
があります。

キトサンはカニ殻などに含まれるキチンから抽出したもので、水溶性キトサンは自然治癒力を高めてくれますから、体内にお取り込むことができれば、体力もつくしガンに対してもがん細胞を不活性化させたり転移を阻止したりするので、ガンが消えた転移せずにすんだ
といった報告は多くよせられております。

レントゲンでガンだと確認できるようになるまでには、ガン細胞が1グラムくらいの大きさに成長しないとわからないんです。ガンの芽が発生し1gまでの大きさになるまで10年以上かかっているといわれています。

しかもガンが運よく見つかって手術で切除できたとしても、その周辺に存在しているガンの芽までは取り除けないことのほういが多いんです。
そういったものを水溶性のキトサンが風船みたいに包みこんで排除してくれたら、ガンを根治させることは可能なわけです。

抗がん剤は強い副作用をともなうことやガンの転移を抑制する効果がないことを考えると代替医療からみれば理想の天然物質としかいえない代物です。現代のガン問題も医療のありかたも根本的になにかが間違っているように思われます。

キトサンはそんな医療のありかたに真っ向から結果をだしつつ、人間本来の生き方そのものを問う多くのキトサン飲用体験者の声からも、ますます必需品といえるのではないでしょうか。

0475843103